に投稿

フォレスタコンサートに行ってきました

今日、友人のお勧めでフォレスタコンサートに行ってきました。BSで日本の唱歌などを中心に歌い人気があるグループというかなり大雑把な説明でこのグループの紹介をしてくれました。友人は彼らの歌い方を日本語の良さがとても解る歌い方だと褒めておりました。ちなみに友人は日本語をはっきり発音しない今風な歌い方には批判的で、あれは日本の歌ではないと、バッサリ切り捨てるお人です。お昼ご飯を早めに済まし、電車に乗り会場のある街へ向かいました。線路沿いに桜が七分咲きに開いて、曇天に彩りを添えておりました。駅前からの100円バスに乗り、十分ぐらい乗ったか乗らないうちに会場へ到着しました。コンサートの客層はやはり中高年者中心で、地味な色彩やマスク、足取りの危うさが目につきましたが、開演までのおしゃべりは元気いっぱいです。開演を知らせるメロディーが鳴り場内が暗くなって公演の始まりです。男女六人ずつのフォレスタの公演の始まりは「美しき天然」という歌からでした。まず驚いたのは、歌う姿勢の良さです。すっと伸ばした背筋、きちんと降ろされた両手に揃えられた両足、昭和初期のお手本のような姿勢でした。題目が進むにつれて明らかになるメンバー一人一人の声量の豊かなことは、ただ唖然とするばかりです。はーだのへーだの呆れるような声がもれてくるのを何度も聞きました。驚くほどの声量に負けない明瞭な発音は聴衆にこれでもかというように歌の凄みを送り続けました。誰の耳も不満を漏らさなかったと思えるほどでした。