に投稿

本格的な冬気温だけど

クリスマスの2日前、この日は1週間のなか日で毎年の祝日、お天気というとどんよりで少し降ったようでした。
冬至の翌日ということもあり気温は低くてひとケタ、年越しになる時期で本格的な冬。

前日の予報でも気温が低いとありましたから部屋着の冬スタイルはいつもより厚手タイプ、さすがに100デニールのタイツはこういう日のお役立ちグッズ。
お腹のところもぼってりみたいに分厚いのであまり好みではないと思いましたが、この気温ならぼってりもあったかいアイテムです。

キッチンとか風呂掃除には動きにくい気がしましたがそれもなく、寒い日とはいえ師走ですから大掃除の他にも日常お掃除の片付け。
昼時間でもいいですが、午後のことも考えれば朝の時間帯に済ませておくのがベスト、時間経過するとやる気が薄くなりますからね、掃除と思いついたときがいい時間です。
祝日のなか日は寒くても翌日は暖冬気温の予報、2ケタ気温でクリスマス前ですから大掃除をさっと完了できればと思います。

に投稿

白ワインで便秘解消

私は長年便秘に苦しんできました。一週間でないということもざらにあって、たまに便秘薬を服用しています。しかし便秘薬を使うときはずいぶん気を使います。いつ便意が来てもいいように服用の翌日は予定がない日を選び、食事をする時間帯にも気を付けなければいけません。強すぎる薬は嫌いなので漢方系のものをいろいろ試していますが、効かなかったりおなかが痛くなったりとまちまちです。
そんな時テレビで白ワインが便秘に効くと言っているのを見ました。一日200mlぐらいを毎日飲み続けるのがいいそうです。私はアルコールには強いですが、甘い果実酒やサワーばかりを飲んでいてあまりきついものは好きではありません。だからワインも敬遠していたのですが、薬を飲まずに便秘を解消できるなら!と試してみることに。今まで毎日ヨーグルトを食べ、納豆を意識的にとってきても治らなかった便秘。一度も試したことのない白ワインに期待しながらも、本気でどうにかなるとは思っていませんでした。
しかし白ワインを飲むようになってから一か月、最近少しずつ便の出る日が増えたように感じます。一度の排便にかなり時間はかかっていますが…それでもいい傾向です。ヨーグルトや納豆を試すより少しお金はかかりますが、便秘で悩んでいる方はぜひ白ワインを試してみてください。

に投稿

SNS疲れ

趣味を通じて知り合った女性がFacebookで自分のブログをシェアしてくるのが頻繁でちょっと閉口しています。彼女は主婦業のかたわら、個人事業主としてある仕事をしているのですがその報告、これからの計画、イベントのお礼と毎日のように記事を更新しシェアのお知らせが来ます。趣味を通じて知り合ったので、趣味以外の部分の彼女のプライベートはそこまで興味がないのですが毎日のようにお知らせアイコンが表示され、これって結構横暴だよなと思うこともあります。自分の近況を半強制的に他人に見ることをすすめるなんてたまにならいいけど毎日はちょっと厚かましくはないでしょうか。誰もが誰もあなたの近況を楽しみに待ってくれているといういかにもアメリカ人が考えたSNSっぽいですね。日本版のmixiにはそんな機能がついていないので、みんながFBに流れても私はmixiの方が使いやすいのになと思っています。自営業の人にとっては頻繁な更新が宣伝につながるから仕方ないんでしょうけどね。

に投稿

アナロジー思考の練習

何か分かりにくい状況で、日常の例を用いて例えたりするのがあまり得意ではありません。
しかし、練習をしてその部分の脳の部位をたくさん使っていけば少しは得になるのではないかと思いました。そこで、暇なときにアナロジー思考の時間も設けています。やり方は簡単です。まず適当なものを2つ設定します。なるべく全く関連性が思いつかないようなものが良いと思います。例えば、「冷蔵庫」と「猫」というように設定をしたとしましょう。そしたら間を置かずに、すぐにタイマーを5分間セットします。そして制限時間内にその2つのものの共通点を探していくというゲームです。考えてみた結果あまり思いつかなかったのですが、1つ目は立体的な構造をしていること。2つ目は水分を排出すると言うことです。まずそれぞれの物の特徴を挙げていき、共通する点はないかということを探していきます。このときのポイントは、共通しそうだから挙げていくのではなく、ただ単に特徴を一気に列挙していくという作業にまず集中します。その後に、共通しそうな点はないか探っていくということが大事です。これを続けることによって、全く関係のないものの関連性というものをすぐに見つけられる癖つけていきたいと思っています。

に投稿

直売所は大人気ですが、、、、

生産者が直接栽培した野菜や果物を持ち込んで販売する「産直販売所」は最近特にブームで、あちこちに設置されています。我が家から車で数分の所にも長年営業している販売所があります。10年ほど前は地元の人が持ち込む野菜などは少しでしたが、今はテレビで紹介された影響もあって商品も増え、冬季以外は土日祭日の駐車場がほぼ満車状態です。貸切バスで立ち寄ったり遠方から車で来る人が多く、地元車よりも県外車ナンバーが多いのが普通となりました。自宅から近いので今までは気軽に土日も利用していましたが、最近は平日の比較的空いている曜日に行くことにしています。年間通して価格も比較的安くて新鮮なので、スーパーみたいなチラシ商品はありませんが安心して購入できます。春は山菜関係、夏はモロコシ、秋は果物や山菜と旬のものが豊富に並び、贈答用として発送もできます。
口コミが多すぎて駐車場や来客対応が飽和状態となり、近々隣に新家屋を建設予定ですが、そうなると今より更なる混雑が予想されるので、地元民としては嬉しいような困るような複雑な心境です。

に投稿

花粉症、つらいですよね。

娘は小さいころから花粉症なんです。最初症状がでたときは
こんな小さい子が花粉症になるの?と驚きました。
私自身花粉症ではないので、てっきり花粉症って遺伝だと思って油断していました。

初めは目の症状だけで、なにか食物アレルギーか
病気の症状の一つなのかな?とか思っていました。

でもそのうち日常生活が困難になるほど強い目の症状が出てきて、
こするから目も赤くなっちゃうし、「痒くて痛くて辛い。」と泣いちゃうし、
花粉症とわかるまでは本当に大変でした。
(まぁわかってからも大変なんですがね。)

今は服薬とかではなく花粉症眼鏡や目薬、
乳酸菌サプリなどで対策していますが、
やっぱり時期になると辛そうでかわいそうです。

今は子供用の花粉症眼鏡があるんですね。年中さんのときに
それを買って幼稚園に付けていかせたんですが、お友達の男の子たちに
からかわれたと号泣して帰ってきました。
眼鏡を突然つけるってだけでも珍しがられるのに、花粉症眼鏡って
ちょっとゴーグルみたいで独特ですよね。
困ったなぁと思っていたんですが、先日JINSというメーカーの
ナチュラルに見える花粉症眼鏡というものをゲットしました!
見た目も自然だし、小学校に付けていっても笑われなかったといっていたので
本当によかったです。見た目に悩んでいるお子さんにはお勧めしたいですね。