に投稿

新一年生の授業参観と懇談会

今日は四月から新一年生になった娘の授業参観に行ってきました。
ひらがなの勉強をしていましたが、やはりまだ学校生活に慣れていない子はずっと座っていられずランドセルで遊び出している子や、何か終わる度に先生に終わりました!と何回も言っている子が見受けられました。
担任の先生も緊張しているのが伝わり、子供たちがちゃんと理解しているのかが微妙な気がしました。
授業後は懇談会を行なったのですが、先生からの説明がなく自己紹介もままならないまま道具の準備をしていました。
名前を一通り書き終えると、どこにしまうのかの説明もしてくれなくて他の保護者の方もだいぶ困っていました。
私は上に三年生の子が通っているので何となくわかりますが、懇談会後先生の対応に不安を抱えている保護者の方がチラホラいました。
確かに説明が足りなすぎるよなと思いながら、先生も初めての担任で何をどう説明していいのかわかってない気がしたので私はその愚痴はスルーして帰ることにしました。
このまま何事もなく一年が終わればいいなと思いましたが、一学期の終わりにも授業参観と懇談会があるのでどうなるか心配です。