に投稿

スペインの家庭料理を作ってみました。

最近、料理のレパートリーを増やすため、色々なメニューにトライしています。
昨日作ったのは、ソパ・デ・アホというスペインでは良く作られている家庭料理です。変な名前ですが、アホという言葉はにんにくのことで、一種のスープ料理です。
あまり材料を必要とせず、見た目はあまり食感が湧くものではありませんでしたが、私の好きなバゲットを使うので夕食の献立にしました。
にんにくをオリーブオイルで炒めます。きつね色になったら、多めの生ハムをちぎって入れ更に炒め、白ワインをふりかけ、コンソメスープを600mlほど入れてコトコト煮ます。食べる直前に卵を人数分入れ、半熟になったら、いただきます。
ここで、面白いのはトーストしたバゲットを皿に盛られたスープにつぶしながら味を滲みらせて食べるのです。
見た目からは味の方は見当がつきませんでしたが、驚きました。
非常に美味しいです。バゲットの固い部分の香ばしさと生ハムからの出汁が、うまい具合に絡み合って濃いコクになっています。思ったより、ボリュームもあります。
下戸な自分ですが何か飲みたくなってきました。
にんにく嫌いな夫は相変わらず、にんにくの多さに文句を言っていましたが、また、めげずにこの料理リピート決定です。